リドのサブちゃん

     わが街の繁華街 一番町
      俺らがが遊び始めた 昭和40年代には リドのサブちゃんというサンドイッチマンがいた。
      ピエロのような格好をし 前と後ろにストリップ劇場のポスターをぶら下げ
      若い時に怪我でもしたのだろうか 片足を引きずるように 歩いていた。
      独特のリズムで鐘を鳴らして

e0067463_552745.jpg


     俺らはサブちゃんの朝の顔も知っていた。
      通学路に立ち 子供たちに笑顔を向けながら 緑のおじさんをやっていたことを

     この人形を見てたら 久しぶりに 独特の鐘の音が聞こえた。
by wajira | 2009-06-27 05:56 | 気持ち
<< 茅の輪くぐり 新しいおもちゃ >>